コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアイマ Nu`aymah Mikhā'īl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアイマ
Nu`aymah Mikhā'īl

[生]1889.11.22. ベイルート近郊ビスキンター
[没]1988.2.28. ベイルート
レバノンの近代アラビア語詩人,文学者。ナイーマともいう。故郷ビスキンターとナザレスのロシア人経営のギリシア正教学校で学んだのち,1906~11年にウクライナのポルタバの神学校に留学,ロシア文学についての知識を得た。 1912年アメリカに渡り法律を修め,ニューヨークでジブラーン・ハリール・ジブラーンとともにアラブ文筆家連盟を創設 (1920) 。 1932年帰国,文筆家として名をなした。詩のほかに小説,文芸評論が数多くあり,作風にはロシアやアメリカの影響が強くみられる。詩集『まぶたのつぶやき』 Hams al-jufūnは代表作の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌアイマの関連キーワードウクライナナイーマポルタバナザレス文学者神学校

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android