コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアイマ ヌアイマNu`aymah Mikhā'īl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアイマ
Nu`aymah Mikhā'īl

[生]1889.11.22. ベイルート近郊ビスキンター
[没]1988.2.28. ベイルート
レバノンの近代アラビア語詩人,文学者。ナイーマともいう。故郷ビスキンターとナザレスのロシア人経営のギリシア正教学校で学んだのち,1906~11年にウクライナのポルタバの神学校に留学,ロシア文学についての知識を得た。 1912年アメリカに渡り法律を修め,ニューヨークでジブラーン・ハリール・ジブラーンとともにアラブ文筆家連盟を創設 (1920) 。 1932年帰国,文筆家として名をなした。詩のほかに小説,文芸評論が数多くあり,作風にはロシアアメリカの影響が強くみられる。詩集『まぶたのつぶやき』 Hams al-jufūnは代表作の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌアイマの関連キーワード森鴎外饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]ウェーリー