コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌドーラ Ndola

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌドーラ
ぬどーら
Ndola

アフリカ中南部、ザンビア中北部の都市。コンゴ民主共和国(旧ザイール)との国境付近に広がる大産銅地帯南部の鉱山都市である。人口34万7900(2002推計)。銅鉱脈発見以前の1902年にイギリス南アフリカ特許会社の支部が置かれ、08年鉄道が開通、20年代末に発見されたブワナ・ムクブワ銅山とともに発展した。現在は国際空港があるほか、タンザニアのダルエス・サラームに通じる石油パイプラインの終点で精油所がある。ザンビアの二大日刊紙は当地で印刷されている。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android