コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌドーラ ヌドーラ Ndola

2件 の用語解説(ヌドーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヌドーラ(Ndola)

ザンビア中北部の都市。コンゴ民主共和国との国境に近く、標高約1300メートルの高原に位置する。かつてアラブ人の交易拠点として栄え、現在は世界有数の産銅地帯の中心地になった。ヌドランドーラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌドーラ
ぬどーら
Ndola

アフリカ中南部、ザンビア中北部の都市。コンゴ民主共和国(旧ザイール)との国境付近に広がる大産銅地帯南部の鉱山都市である。人口34万7900(2002推計)。銅鉱脈発見以前の1902年にイギリス南アフリカ特許会社の支部が置かれ、08年鉄道が開通、20年代末に発見されたブワナ・ムクブワ銅山とともに発展した。現在は国際空港があるほか、タンザニアダルエス・サラームに通じる石油パイプラインの終点で精油所がある。ザンビアの二大日刊紙は当地で印刷されている。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌドーラの関連キーワードコルウェジコンゴ川コンゴ民主共和国ザンビアチンゴラバンガスーアンフォンドソルウェジムフーリラムプルング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone