ヌマミズキ科(読み)ぬまみずきか

  • Nyssaceae

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双子葉植物、離弁花類。落葉性の高木。葉は互生し、単葉で鋸歯(きょし)はない。花は花序軸の短い集散花序か頭状花序につき、雄花と両性花がある。雄花は花被片(かひへん)5枚、雄しべは8~15本。両性花は筒状の花托(かたく)と5枚の花被片が合着し、子房は下位、雄しべ5本と雌しべ1本があり、子房内には胚珠(はいしゅ)が1個垂れ下がる。果実は核果。2属5、6種からなる小さな科で、東アジアと北アメリカの温帯に分布する。ハンカチノキ科に近く、両科を合一して扱うこともある。ニッサ属Nyssaは新生代第三紀の初期に花粉の化石が知られる古い植物群で、現生の木はその生き残りと考えられる。日本には野生しない。中国原産のキジュ(喜樹)Camptotheca acuminata Dcne.が、ごくまれに栽培される。

[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android