ネオスチグミンブロミド

化学辞典 第2版 「ネオスチグミンブロミド」の解説

ネオスチグミンブロミド
ネオスチグミンブロミド
neostigmine bromide

C12H19BrN2O2(303.19).m-ヒドロキシ-N,N-ジメチルアニリンにホスゲンを作用させ,ついでジメチルアミンを縮合し,さらにN-四級化してつくる.融点167 ℃.水,エタノールに可溶.機能減退を伴う消化器障害,筋無力症などの運動障害の治療薬として使用される.LD50 0.165 mg/kg(マウス静注),7449 mg/kg(ネコ経口).[CAS 114-80-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android