コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動障害 うんどうしょうがい

4件 の用語解説(運動障害の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

うんどうしょうがい【運動障害】

運動神経経路の疾病によって起こる随意運動の障害。右または左半身が麻痺まひする片麻痺に代表される中枢性麻痺と、脊髄性小児麻痺や脊髄性筋萎縮症などにみられる弛緩しかん性麻痺を示す末梢性麻痺に分けられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うんどう‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【運動障害】

運動症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

運動障害【うんどうしょうがい】

広義には筋,関節,神経系などの異常により,基本的な身体運動がほとんどあるいは全く不能になった状態。狭義には錐体路や末梢(まっしょう)神経の障害による随意運動の障害(麻痺(まひ))をいうが,その他精神運動障害失行運動失調錐体外路障害も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うんどうしょうがい【運動障害 motor disturbance】

手足や体幹,顔,眼球,のど,首などの随意的な運動がうまく行えなくなった状態をいう。
末梢性運動麻痺
 随意的な運動を営む最終的な効果器官は随意筋,すなわち骨格筋であるが,その収縮は脊髄や脳幹にある運動ニューロンとそれから出る軸索によって支配されている。そこで,この運動ニューロンとそれによって作動する骨格筋からなる単位を最終共通経路final common path wayという。この最終共通経路の病変によって生じるのが末梢性運動麻痺であり,麻痺した筋肉はつねに緊張が低下し,高度に萎縮する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運動障害の関連キーワードスロート手足随意随意筋手足りのどのど不随意押え込み運動亢進国会の随意契約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運動障害の関連情報