ネクタネボ2世(読み)ネクタネボにせい(英語表記)Nectanebo II; Nekhtharheb II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクタネボ2世
ネクタネボにせい
Nectanebo II; Nekhtharheb II

古代エジプト第 30王朝最後の王 (在位前 360~前 343) 。ネクトハルヘブ2世とも呼ばれる。エジプト人の血をひく最後の王。アケメネス朝ペルシアとの戦いでエジプトを助けたスパルタ王アゲシラオス2世の不興を買い,軍隊の反乱で退位させられた第 30王朝2代目の王タコスの跡を襲って即位。タコスの巻き返しで追放されかけたが,アゲシラオスの後援で王位を確保した。しかしペルシア王アルタクセルクセス3世のエジプト侵入で,まずメンフィスへ,次いで上エジプトへ逃れた。その後の消息は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android