コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンフィス メンフィス Memphis

翻訳|Memphis

12件 の用語解説(メンフィスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンフィス
メンフィス
Memphis

アメリカ合衆国,テネシー州の南西端,ミシシッピ川東岸にある都市。同州最大の商工業都市,河港都市。 1819年に入植が始り,ミシシッピ川の水運,鉄道交通の要衝となって,南部諸州のワタ栽培の拡大に伴い市場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メンフィス
メンフィス
Memphis

エジプト,カイロの南方 20kmにあった古代都市。現ミトラヒナ。前 3100年頃メネス王が上下エジプトを統一したとき,両地の接点であるこの地に都を築いたのが始めとされる。メンフィスの名称は第6王朝ペピ1世ピラミッドの町メン=ネフェル Men-neferに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メンフィス(Memphis)

カイロ南方にあったエジプト古王国の首都。現在名ミット‐ラヒナ。ナイル川左岸に位置し、ピラミッド・王宮の遺跡がある。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡 ― ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産文化遺産)に登録された。
米国テネシー州南西端部のミシシッピ川に臨む商工業都市。綿花・木材などの世界的取引地。人口、行政区67万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メンフィス

米国,テネシー州南西部の商工業都市。ミシシッピ川東岸の河港都市で,水陸交通の中心。空港もある。綿花,綿実油,小麦,家畜などの取引が盛ん。農業機械,製鋼,自動車部品ガラス化学薬品などの工業も発達。

メンフィス

エジプトの古代都市で,カイロの南約25kmに遺跡が残る。第1王朝のメネスが建設した新都〈白い壁〉にさかのぼるといい,初期王朝,古王国時代の首都であった。中王国時代以後テーベに都が移り,アレクサンドリアが繁栄するに及んで衰退。
→関連項目エジプト(地域)サッカラセクメト

メンフィス

1980年代前半のデザイン界で大きな役割を果たしたグループ。1981年ミラノで結成。E.ソットサスの発案のもと,木工職人レンツォ・ブルゴーラと家具店経営者マリオ&ブルネーラ・ゴダーニ夫妻,そして照明器具会社アルテミデの社長エルネスト・ジスモンディらが会社組織を設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産情報の解説

メンフィス

メナ王に築かれた古代エジプトの最初の首都で、三大ピラミッドを初めとする諸遺跡、主に墳墓群が散在し、往時の繁栄を存分に伝えてくれます。サッカーラの階段ピラミッドは考古学上最古のピラミッドと考えられ、階段は天に上る階段や王の霊が太陽神に向かって行けるように作られたと言われています。クフ王の父による赤いピラミッドや傾斜角度が変わっている屈折ピラミッドなど様々なピラミッドに出会えます。また、博物館内にあるラムセス2世の12m程の像、ピラミッドの守護神となるスフィンクス像も見所です。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

メンフィス

2002年初演のミュージカル。原題《Memphis》。脚本・作詞:ジョー・ディピエトロ、作詞・作曲:デヴィッド・ブライアン。1950年代のメンフィスを舞台に、実在した白人のDJデューイ・フィリップスを題材にした作品。2010年に第64回トニー賞(ミュージカル作品賞)を受賞。

メンフィス

ビルケンシュトックが販売するカジュアルシューズ。同社のブランドフットプリンツ」の製品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メンフィス【Memphis】

アメリカ合衆国テネシー州南西端,ミシシッピ川東岸の商工業都市。人口61万4000(1994。全米18位),大都市域人口103万(1992)。河港都市として栄え,19世紀前半には周辺に綿花プランテーションが営まれ,綿花とともに奴隷の大市場があった。現在も綿花と木材の大集散地で,ハイウェー,鉄道,航空路の重要な結節点。ホテルチェーンホリデー・インの本社もある。市人口の48%が黒人系で複雑な人種問題をかかえており,1968年4月4日公民権運動の指導者M.L.キングがJ.E.レイによって暗殺された。

メンフィス【Memphis】

エジプト北部,カイロの南約25km,現在のミート・ラヒーナ村にある古代エジプト初期王朝時代および古王国時代の王都。上・下エジプトの境界に近く,第1王朝の始祖メネスが新都として建設した〈白い壁〉にさかのぼるとされ,ピラミッド時代の首都として繁栄した。中王国時代以降も下エジプト第1州の州都,下エジプト行政の中心地,遠征隊・交易隊の発着基地として政治的・経済的重要性を保ち続けた。宗教的にも市神プタハは〈言葉〉による天地創造(〈メンフィス神学〉)によって特異な地位を占め,工芸の神として広く崇拝された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メンフィス【Memphis】

ナイル川下流の西岸、カイロの南にある古代エジプトの都市遺跡。紀元前3000年頃に建設され、首都として栄えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンフィスの関連キーワードチャタヌーガノックスビルアメリカン合衆国テネシーミシシッピテネシーウイスキーテネシー州議事堂テネシー[川]テネシー[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メンフィスの関連情報