コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲシラオス Agēsilaos

2件 の用語解説(アゲシラオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アゲシラオス【Agēsilaos】

前444か443‐前366か365
スパルタ王。在位,前399‐前366か365年。父はアルキダモス2世リュサンドロスの力で王位についた。前396年ギリシア諸市をペルシアから解放するため,小アジアに遠征して武勲を挙げたが,決定的な勝利には至らなかった。翌年に勃発したコリントス戦争では,コロネイアにコリントス同盟軍を破った。アンタルキダス条約成立後,彼はこれをスパルタに都合よく解釈してマンティネイアやフィリオスに寡頭制を樹立し,フォイビダスによるテーバイ占領を許容した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゲシラオス
あげしらおす
Agesilaos
(前444/443―前360)

スパルタ王(在位前399~前360)。ペルシアから小アジア諸市を解放するために各地に転戦し、コリント戦争勃発(ぼっぱつ)後、紀元前394年に帰国して、コリント、テーベなど反スパルタの同盟軍を破った。前386年の大王の和約(アンタルキダスの条約)締結後は、ポリスの自治を保障した条項を恣意(しい)的に解釈して、各地に寡頭(かとう)制を樹立し、スパルタの勢力を拡大した。レウクトラの戦い(前371)以後、祖国の軍資金獲得のために傭兵(ようへい)隊長として遠征し、エジプトからの帰路没した。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアゲシラオスの言及

【アギス[4世]】より

…前242年に反対派の指導者であるもう1人の王レオニダス2世を廃し,借財の帳消しを実施した。しかし,叔父アゲシラオスの反対などにあって土地再分配を実施できず,これが改革失敗の原因となった。前241年レオニダスが傭兵隊と帰国し,アギスは神殿に逃れたが,捕らえられ処刑された。…

※「アゲシラオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アゲシラオスの関連キーワードプロコピウス置閏法高橋由伸雇い止めあしなが育英会笠戸島メガロポリス暦年粟島閏年

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone