コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上エジプト かみエジプトUpper Egypt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上エジプト
かみエジプト
Upper Egypt

エジプトの北緯 30°以南のナイル川河谷をさす地理的,文化的区分。北緯 30°以北,デルタ地帯の下エジプトと対比して用いられる。前4千年紀末頃,多数の部族国家を統一して上エジプト王国が出現し,下エジプトと別個の国家を形成したが,前 3000年頃下エジプトの上エジプトに対する制覇という形で上下エジプトの統一が実現した。メネス王によると言い伝えられている。以後エジプト王は「上下エジプトの王」と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の上エジプトの言及

【エジプト】より

…アフリカ大陸の北東隅,ナイル川第1急湍(たん)以北の約1200kmにわたる細長い流域地帯が本来のエジプトで,地形上幅8~25kmの河谷地帯(上エジプト)と河口のデルタ地帯(下エジプト)とからなる。古くよりガルビーヤ砂漠中のオアシス(シワSiwa,バフリーヤal‐Baḥrīya,ファラーフィラal‐Farāfira,ダーヒラal‐Dākhila,ハーリジャ(カルガ)al‐Khārija,Khargaの各オアシス),第1・第2急湍間の下ヌビア,紅海沿岸,シナイ半島を勢力圏とし,この地域は現在のエジプト・アラブ共和国にほぼ対応する。…

【エジプト】より

…アフリカ大陸の北東隅,ナイル川第1急湍(たん)以北の約1200kmにわたる細長い流域地帯が本来のエジプトで,地形上幅8~25kmの河谷地帯(上エジプト)と河口のデルタ地帯(下エジプト)とからなる。古くよりガルビーヤ砂漠中のオアシス(シワSiwa,バフリーヤal‐Baḥrīya,ファラーフィラal‐Farāfira,ダーヒラal‐Dākhila,ハーリジャ(カルガ)al‐Khārija,Khargaの各オアシス),第1・第2急湍間の下ヌビア,紅海沿岸,シナイ半島を勢力圏とし,この地域は現在のエジプト・アラブ共和国にほぼ対応する。…

※「上エジプト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上エジプトの関連キーワードズー・アッヌーン・アルミスリーハーフィズ・イブラーヒームハーフィズ・イブラーヒームイブラーヒーム・パシャイブラーヒーム・ベイイブン・ジュバイルハワード カーターヒエラコンポリスヘラクレオポリスアルシノエ1世ネクタネボ2世アシュムネインバダーリー遺跡タフターウィールクソール神殿バダーリ文化マアディ文化ヘルメス文書アムラー文化ルクソール

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上エジプトの関連情報