コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネゲブ Negev

1件 の用語解説(ネゲブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネゲブ【Negev】

シナイ半島に連なるイスラエル南部地方で,全般に乾燥した砂漠地帯である。地中海沿岸平野に連なる北部には中心都市ベール・シェバがある。中部にはシナイ半島から延びた褶曲山地が走り,さまざまな鉱物資源が埋蔵されており,開発が進められている。南部は荒涼とした砂漠がアカバ湾岸まで続く。南端のエイラトはイスラエルの唯一の紅海への出口として戦略上重要な港である。ネゲブへはティベリアス湖およびヤルコン川から灌漑用水路が延ばされて農業開発が進められており,またエイラトとハイファ間に送油管が通じ,さらに原子力研究都市ディモナがあるなど,イスラエルにとって戦略的に重要な地域となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネゲブの関連キーワードアカバ湾シナイ半島シナイ文字中東戦争シナイ山イスラエルロビーMFOイスラエル交響曲第3次中東戦争と占領第3次中東戦争と入植地

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネゲブの関連情報