ネジアヤメ(読み)ねじあやめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネジアヤメ
ねじあやめ / 捩文目
[学]Iris lactea Pall. subsp. chinensis (Fisch.) Kitag.

アヤメ科の多年草。ノハナショウブに近縁であるが、葉は長さ30~90センチメートル、幅約5ミリメートル、白緑色を帯び、質は堅く、2~3回ねじれる。このためネジアヤメの名がある。5月、芳香のある花を開く。外花被片(がいかひへん)は、広がった部分は倒卵形で垂れ下がり、白地に淡紫色の脈とぼかしがある。内花被片は細いへら形で直立する。子房は細長い。(さくか)は長さ6センチメートルに達する。朝鮮半島、中国の乾燥した草原に生え、日本では観賞用に栽培される。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネジアヤメの言及

【アヤメ】より

…チャショウブI.fulva Ker‐Gawl.(英名copper iris)はアメリカのミシシッピ河畔に産し,花は茶褐色。ネジアヤメI.biglumis Vahlは葉がねじれる特徴があり,カンザキアヤメI.unguicularis Poir.は花期が11~3月である。ヨーロッパ産には,ドイツアヤメI.germanica L.など外花被片にひげ状突起をもつ多くの野生種や,スパニッシュ・アイリスI.xiphium L.のような球根アイリスがある。…

※「ネジアヤメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android