コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネソ Neso

デジタル大辞泉の解説

ネソ(Neso)

海王星の第13衛星。2002年に発見された。名の由来はギリシャ神話の海のニンフ。海王星からの軌道距離は平均で4860万キロ、最も離れると7200万キロ(地球と月の距離の約190倍)に達し、太陽系の衛星で最大。非球形で平均直径は40~60キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ネソの関連キーワードO.H. ワンゲンスチーンオガネソン(データノート)TCFバンク・スタジアムターゲット・フィールドオセアニア・ネグロイドアイゴスポタモイの戦いクルマバツクバネソウターゲット・センターW.F. モンデールトウゴクサバノオP.E. ミールトゥキュディデスマーク デイトンアルキダモス戦争O. フリーマンヘラクレスの子らエゾアリドオシインパチエンスウラノフェンミネアポリス

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネソの関連情報