コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール平和地帯宣言 ネパールへいわちたいせんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパール平和地帯宣言
ネパールへいわちたいせんげん

1975年のネパールビレンドラ国王による平和地帯の提唱。ネパールは北に中国,南にインドと2大国に接しており,等距離外交を原則としてきた。しかし,シッキム併合問題を契機としてインドとの関係が悪化。一方,1967年の中国写真展事件で一時関係が悪化した中国とは,68年以後改善が進み,友好関係が進展した。そこで中印国境における武力衝突後の 75年,ビレンドラ国王は,戴冠式の際に中印はじめ各国にネパール平和地帯構想を提唱した。しかし,インド・ネパール平和友好条約に抵触するとの理由から,インドは同宣言を支持していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネパール平和地帯宣言の関連キーワード黒人問題谷川俊太郎三東ルシア採石業深作欣二EA-71紀田順一郎キング・クリムゾン神代辰巳ジョン・ウー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android