コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀田順一郎 きだ じゅんいちろう

2件 の用語解説(紀田順一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀田順一郎 きだ-じゅんいちろう

1935- 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和10年4月16日生まれ。商社勤務ののち,昭和39年「現代人の読書」で評論活動にはいる。書誌研究を中心に出版論,読書論,日本語論,情報論など領域もひろく,幻想文学,ミステリーの作品もある。平成20年「幻想と怪奇の時代」で日本推理作家協会賞神奈川県出身。慶大卒。本名は佐藤俊。著作はほかに「名著の伝記」「日本語大博物館」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀田順一郎
きだじゅんいちろう
(1935― )

小説家、評論家。神奈川県横浜市生まれ。本名佐藤俊(たかし)。慶応義塾大学経済学部卒業。大学時代は推理小説研究会に所属し、ミステリー・マニア・サークルの老舗(しにせ)的存在である「SRの会」の機関紙『SRマンスリー』などで批評活動を行う。卒業後は商社勤務のかたわら、推理文芸誌『宝石』などを舞台に「密室論」(1961)ほか評論研究を本名で発表。6年間のサラリーマン生活に別れを告げたあと、1964年(昭和39)に近代史・書誌を主題とする評論家生活に入る。この分野の著書に『明治の理想』(1965)、『落書日本史』(1967)、『開国の精神』(1969)、『牢獄の思想』(1971)などの近代思想史・社会史や『現代人の読書』(1964)、『現代読書の技術』(1975)、『書斎生活術』(1984)といった読書論のほか、『日本の書物』(1976)、『世界の書物』(1977)のような名著案内も多い。希代の蒐集家にして読書家といえよう。近年は情報化社会における、知的生産のあり方を探る分野の研究・評論も手がけている。幻想小説、怪奇小説の紹介翻訳も多く、『ブラックウッド傑作集』(1972)、『M・R・ジェイムズ全集』(1973~75)を翻訳。また評論家中島河太郎(かわたろう)(1917―99)と『現代怪奇小説集』(1974)、『現代怪談集成』(1982)、荒俣宏と『世界幻想文学大系』(1975~86)を監修した。
 1982年「本の探偵、何でも見つけます」という東京・神田の古書店主・須藤康平を主人公とする連作中編集『幻書辞典』を発表、ミステリー作家としてもデビュー。その後、同じ探偵役が登場する『われ巷(ちまた)にて殺されん』(1983、のち『夜の蔵書家』と改題)、セキュリティの専門家を探偵役に据え、コンピュータ社会の犯罪と暗部をえぐる『オンラインの黄昏』(1984)、古書店主の殺人事件に愛書家グループが巻き込まれる『鹿の幻影』(1989)、古書店の後継者争いを描いた『魔術的な急斜面』(1991)、幻の詩集の真贋疑惑と殺人事件を描く『第三閲覧室』(1999)など、意欲的に小説を発表している。97年(平成9)より著者の集大成となる『紀田順一郎著作集』の刊行が始まる。[関口苑生]
『『現代読書の技術』(1975・柏書房) ▽『書斎生活術』(1984・双葉社) ▽『オンラインの黄昏』(1984・三一書房) ▽『魔術的な急斜面』(1991・東京創元社) ▽『落書日本史』(『紀田順一郎著作集』第2巻所収、1997・三一書房) ▽『日本の書物』(『紀田順一郎著作集』第4巻所収、1998・三一書房) ▽『世界の書物』(『紀田順一郎著作集』第5巻所収、1998・三一書房) ▽『第三閲覧室』(1999・新潮社) ▽『明治の理想』『開国の精神』(『紀田順一郎著作集』第1巻所収、2000・三一書房) ▽『現代人の読書』(三一新書) ▽『鹿の幻影』『古本屋探偵の事件簿』(創元推理文庫) ▽中島河太郎・紀田順一郎編『現代怪奇小説集』(1974・立風書房) ▽中島河太郎・紀田順一郎編『現代怪談集成』(1982・立風書房) ▽紀田順一郎・荒俣宏責任編集『世界幻想文学大系』(1975~86・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀田順一郎の関連キーワード森毅青木貞伸安倍寧石川喬司石子順海野弘江藤文夫樋口恵子檜山良昭森秀人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀田順一郎の関連情報