コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブライザー療法(霧滴吸入療法) ねぶらいざーりょうほうむてききゅうにゅうりょうほう

家庭医学館の解説

ねぶらいざーりょうほうむてききゅうにゅうりょうほう【ネブライザー療法(霧滴吸入療法)】

 薬液を細かい霧状にして、鼻や口から吸入する治療をネブライザー療法といいます。
 薬液を霧状にするために、ネブライザー(噴霧器)という器具が用いられます。
 霧状(エアロゾル)にした薬液を用いるので、エアロゾル療法、霧滴吸入療法とも呼ばれます。
 薬液は、μm(マイクロメートル)(1μmは1mmの1000分の1)単位にまで細かくすることが必要で、細かい薬液ほどからだの奥までとどきます。
 5~10μmの薬液はのどと気管まで、3~6μmの薬液は副鼻腔(ふくびくう)まで、1~5μmの薬液は気管支や肺胞(はいほう)にまでとどきます。
 この治療によく用いられる薬は、抗炎症薬、抗生物質、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン、気管支拡張薬(きかんしかくちょうやく)などです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

ネブライザー療法(霧滴吸入療法)の関連キーワード急性声門下喉頭炎(仮性クループ)びまん性汎細気管支炎気管支拡張症急性喉頭炎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android