コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺胞 はいほう alveolus

翻訳|alveolus

6件 の用語解説(肺胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺胞
はいほう
alveolus

気管支の最末端分枝に続く,半球状の小さな嚢をいう。ここで,呼吸上皮といわれる上皮細胞によって,肺胞内部の空気と,毛細血管内の血液との間のガス交換行われる。その総数は左右合せて約7~8億,全表面積は 100m2に達するといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はい‐ほう〔‐ハウ〕【肺胞】

の中で気管支枝分かれを繰り返し、その末端がブドウの房のようになった、袋状の部分。この内部の酸素と、壁に分布する毛細血管との間でガス交換が行われる。気胞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

肺胞【はいほう】

肺の内部にある小さな半球状の小室。気管支が細分した先の細気管支の終末部に見られる。肺胞の内面は特殊な呼吸上皮でおおわれ,弾性繊維の網を隔ててその外に毛細血管網がある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

肺胞

 肺でガス交換をする場で,気管支の末端にブドウ状についている組織.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はいほう【肺胞】

気管支の最終枝に葡萄ぶどうの房状についている袋。肺胞壁を介して呼吸ガスと血液内ガスの交換が行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺胞
はいほう

肺の呼吸でガス交換が行われる部分をいう。気管支は肺葉気管支、区気管支(区域気管支)、細気管支、呼吸細気管支(径0.5ミリメートル以下)と分岐を繰り返して肺胞管に到達するが、肺胞は肺胞管の壁のところどころに膨隆する。肺胞管とは呼吸細気管支から肺胞に通じる道である。肺胞はほぼ球状(直径0.1~0.2ミリメートル)で、肺胞上皮という薄く伸展した上皮細胞で囲まれている。伸展した細胞の厚さは0.3マイクロメートル以下とされている。肺胞上皮には扁平(へんぺい)肺胞上皮(型)と大肺胞上皮(型)の2種類がある。肺胞の周囲には、気管支に沿って肺門から入ってきた肺動脈の枝が密な肺胞毛細血管網をつくり、この中の血液と肺胞内の空気との間でガス交換が行われる。肺胞の数は約3億といわれ、その総表面積は50~60平方メートルにもなる。さらに吸気時には、肺の拡張によって肺胞の呼吸面積は約2倍に膨れるため、約100平方メートルの広さとなる。また、肺胞毛細血管の面積は300平方メートルといわれる。
 大肺胞上皮細胞は細胞体内に特殊な封入体(多層板小体といい、リン脂質に富む)をもち、これは肺胞腔(くう)内面に放出される。放出された多層板小体は、肺胞内面に薄い層をつくり、肺表面活性物質として肺胞内表面の表面張力低下、肺胞壁への組織液の漏出を防ぐ役割を果たしている。また、肺胞と肺胞とが接している間には少量の結合組織が入り込み、肺胞中隔を形成している。この組織の中には大食細胞が存在し、大気中の塵埃(じんあい)を取り込む働きを果たしている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肺胞の言及

【呼吸】より

…十分にO2を含み,CO2の少ない動脈血が毛細血管に到達すると,ガスの濃度こう配に従ってO2は組織へ移り,CO2が組織から血液へ移る。ここで血液は静脈血となって心臓の右心房,右心室を通って肺へ送られ,肺の中の気道の末端分岐部に位置する肺胞に接する毛細血管に達する。ここで拡散によって血液から肺胞へCO2,肺胞から血液へO2のガス交換が起こり,血液は動脈血化し,左心房,左心室を経由して体内の組織へ送られる。…

【肺】より

…しかし,空気をまったく含まない縮んだ肺の比重は,1.045~1.056と水より重い。胎児の肺には空気が入っていず,肺胞は収縮している。新生児は出生直後,大きな呼吸を行って,一挙に空気を入れて肺をふくらませる。…

※「肺胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肺胞の関連キーワード気管支気管支炎気管支肺炎鳴管気管支鏡気管支拡張気管支造影喘息性気管支炎急性喉頭気管気管支炎気管支炎 (bronchitis)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肺胞の関連情報