コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネヘミア Nehemiah

翻訳|Nehemiah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネヘミア
Nehemiah

旧約聖書『ネヘミア記』のなかの主要人物。前5世紀に在世。ハカリヤの子。バビロン捕囚後のユダヤ教指導者。ペルシア王アルタクセルクセス1世の酌取りであったが,派遣されてユダの総督になり,エルサレムの復興とユダヤ教の再興に努めた。彼はまず外敵を防ぐためにエルサレムの城壁を修復し,エズラとともに安息日の厳守,納税の習慣を市民に徹底させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネヘミアの関連キーワードハギオグラファ第3エズラ記ユダヤ教典礼第2エズラ記アザリヤ歴史文学アドニア旧約聖書エズラ記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android