在世(読み)ザイセ

デジタル大辞泉の解説

ざい‐せ【在世】

世に生きていること。ざいせい。「父が在世の時」
釈迦が生存していたとき。
「―を考ふるに人皆俊なるに非ず」〈正法眼蔵随聞記・一〉

ざい‐せい【在世】

[名](スル)ざいせ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐せ【在世】

〘名〙
① この世に生きている間。生存している間。存命中。ざいせい。
※将門記(940頃か)「予在世之時に、一善を修め不(ず)して」
※曾我物語(南北朝頃)一〇「その上、ざいせの時も、仁義をみださざりしかば、後の世までも、悪道には堕罪せられじと」
② 神仏の在世中。釈迦やキリストなどの生きていた時。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)一「滅後を思へば幾ばくならず、在世を考るに人皆な俊なるに非ず」

ざい‐せい【在世】

〘名〙 =ざいせ(在世)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報