コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネポティズム nepotism

翻訳|nepotism

デジタル大辞泉の解説

ネポティズム(nepotism)

縁故者をひいきにして公職などに採用すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ネポティズム【nepotism】

身内びいき。縁故採用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネポティズム
ねぽてぃずむ
nepotism

政治的恩恵を自分の家族や親族に与える行為。たとえば、政治的地位を活用して、身内の者を公職に任命したり、彼らに公共事業請負契約を優先的に分配する行為。ネポティズム(身内びいき)は、情実任命制(パトロネージ)の一形態であり、資格任用制(メリット・システム)は、その乱用を阻止する一方策である。[岡沢憲芙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネポティズムの関連キーワードシルベステル(2世)縁故採用

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネポティズムの関連情報