コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資格任用制 しかくにんようせい merit system

翻訳|merit system

3件 の用語解説(資格任用制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資格任用制
しかくにんようせい
merit system

公務員の任用を専門能力に基づいて行う方法をいう。イギリスでは 1855年資格任用制が法制化された。アメリカでも 19世紀の後半,金権政治や情実主義が支配し (→猟官制 ) ,公職の政治的任命が腐敗と非能率とを生み出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

資格任用制

一般職公務員の任用は、専門的知識などについて客観的な試験を経るか、あるいは業績の判断によって行われる。このような任用制度を資格任用制という。行政の複雑化と専門化に能率的に対処し、公務員任用の公正さを確保するために工夫された。その先駆けとなったのは、1853年のノースコード・トレヴェリアン報告を受けた英国の公務員制度改革、ならびに1883年の米国の連邦公務員法の制定である。日本の国家公務員の採用は、人事院の実施する試験によることを基本としているが、小泉政権の下の公務員制度改革では、各行政機関による試験が企図されている。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しかく‐にんようせい【資格任用制】

一定の資格を有する者だけを任用する制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の資格任用制の言及

【情実任用】より

…その後,この慣習は政党政治の金権政治化とともに,選挙運動や党資金のために利用され,腐敗と非能率を生み出した。そこで公務員制度改革の気運が高まり,83年〈連邦公務員法〉の成立によって資格任用制merit systemへの第一歩が踏み出された。このように情実任用は,一定の歴史的時期には,固定した特権的官僚制の成立を妨げるという民主主義的意義をもっていたが,他面,それに付随する腐敗や非能率という消極的側面をさけることができなかった。…

【地方官】より

…86年の地方官官制で地方官の名称は府県ともに知事となり,90年に知事はすべて勅任官となった。1887年奏任官・判任官の採用が公開試験による資格任用制となって以後も,勅任官の知事は自由任用制であったが,学識と行政手腕の所有者が登用される傾向が強まり,志士官僚から学閥官僚への転換がすすんだ。 98年隈板内閣成立後,政党の猟官運動が顕著となり政党員が地方官となる兆しがあらわれると,政府は翌年勅任官にも文官高等試験(高文)を経た官歴者を昇任させるよう文官任用令を改正し,内務省が人事をにぎる排他的な官僚階層制を確保した。…

【メリット・システム】より

…アメリカにおいて,公務員の任用,昇進などを専門的能力,つまり資格や成績を基準にして行う制度をいう。一般に資格任用制や成績制と訳されている。アメリカでは,建国以来公務員の任命を党派的情実によって決定する政治慣習であるスポイルズ・システム(猟官制度)がはびこっていたが,この制度の下では適任者が公務員に就任するとは限らず,種々の弊害を生み出していた。…

※「資格任用制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資格任用制の関連キーワード一般職猟官制情実任用制自由任用一般職給与法メリットシステム一般職試験非正規公務員公務員の再任用制度メリット・システム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone