コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネポムク Johannes von Nepomuk

1件 の用語解説(ネポムクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネポムク【Johannes von Nepomuk】

1340ころ‐93
プラハ大司教の総代理。カトリック殉教者ボヘミア西部のネポムクの生れ。ネポムクのヨハネスともよばれる。チェコ語ではヤン・ネポムツキーJan Nepomucký。大司教と争っていたボヘミア王バーツラフ4世によって逮捕され,拷問を受けたのち,プラハのカレル橋上からブルタバ川に突き落とされた。列聖式は1729年に行われたが,民間に根強く残るフス信仰に対抗するために反宗教改革の一環として列聖されたともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ネポムクの関連キーワードイワン興国緩和ケア外国人観光客首都圏の待機児童日本でのハロウィーン延元興国常福寺イワン・カリタ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone