コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネポムク Johannes von Nepomuk

世界大百科事典 第2版の解説

ネポムク【Johannes von Nepomuk】

1340ころ‐93
プラハ大司教の総代理。カトリックの殉教者。ボヘミア西部のネポムクの生れ。ネポムクのヨハネスともよばれる。チェコ語ではヤン・ネポムツキーJan Nepomucký。大司教と争っていたボヘミア王バーツラフ4世によって逮捕され,拷問を受けたのち,プラハのカレル橋上からブルタバ川に突き落とされた。列聖式は1729年に行われたが,民間に根強く残るフス信仰に対抗するために反宗教改革の一環として列聖されたともいわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネポムクの関連キーワードディーンツェンホーファーヨハネ[ネポムク]ネポムク巡礼聖堂アサム(兄弟)バロック美術カプチン橋シュラウンアザム兄弟

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android