コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーデルラント通商会社 ネーデルラントつうしょうかいしゃNederlandsche Handel‐Maatschappij

世界大百科事典 第2版の解説

ネーデルラントつうしょうかいしゃ【ネーデルラント通商会社 Nederlandsche Handel‐Maatschappij】

ナポレオン戦争後,ジャワ島をはじめとする旧東インド植民地はオランダに返還されたが,この植民地貿易を,廃止された東インド会社に代わってオランダの手に確保する目的で,国王ウィレム1世のイニシアティブの下に1824年設立された株式会社。同社はイギリスと競争しながら植民地貿易をしだいに取り戻し,とりわけ34年からジャワ島で砂糖,コーヒー,アイなどの強制栽培制度が実施されると,これら植民地物産のヨーロッパへの輸出・販売を担当し,他方,植民地向け繊維品の買付けを通じて,トウェンテ地方(オランダ東部)の綿工業の育成に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android