代行(読み)だいこう

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐こう ‥カウ【代行】

〘名〙
① 本人に代わって行なうこと。本来の職にある者に故障があるときなどに、その職務を代わって行なうこと。また、その人。
※商法(1899)二七〇条「又は之を代行する者を選任することを得」
② ある物事の代わりとして行なったり認めたりすること。
※自由と規律(1949)〈池田潔〉その制度「パブリック・スクールのあるものはこれを入学試験の代行として取扱い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐こう〔‐カウ〕【代行】

[名](スル)当事者に支障があるときなどに、代わってその職務を行うこと。また、その人。「事務手続きを代行する」「学長代行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android