コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノアイヨン ノアイヨンNoyon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノアイヨン
Noyon

フランス北部,オアーズ県の町。コンピエーニュの北東約 24kmに位置する。フランク王カルル (シャルルマーニュ) 大帝が王位についた (768) 地として知られる。宗教改革者 J.カルバンの生地でもあり,カルバン博物館がある。初期ゴシック様式のノートルダム大聖堂 (12~13世紀) がある。家畜,穀類を集散するほか,金属,食品加工業が行われる。人口1万 4628 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノアイヨン
のあいよん
Noyon

フランス北部、オアーズ県の都市。人口1万4471(1999)。サン・カンタン運河とノール運河の合流点近くに位置する。ガロ・ロマンの遺跡が多い。ノートル・ダム大聖堂は初期ゴシック様式建築の代表例とされる。宗教改革者カルバンの生地で、カルバン博物館(建物は16世紀ゴシック様式)がある。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノアイヨンの関連キーワード宗教改革史(年表)ユーグ・カペーユーグ・カペーコミューンエリギウスオリベタン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android