コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイッペル Knoeppel, Charles Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイッペル
Knoeppel, Charles Edward

[生]1881.4.15. ウィスコンシン,ミルウォーキー
[没]1936.11.29. フィラデルフィア
アメリカの経営学者。バッファローの公立学校卒業後,1912年原価管理士,生産管理士となり,利益計画,変動予算,原価計算などを専門とするコンサルタントとなる。テーラー・システムの後継者とみられ,標準原価を含む原価計算,テーラー・システムに基礎をおく工場の組織および管理,損益分岐点図表,利益グラフなどを開発し,その後のアメリカにおける利益管理に関する研究に寄与した。主著"Installing Efficiency Methods" (1915) ,"Organization and Administration" (17) ,『図表的生産統制』 Graphic Production Control (20) ,『利益工学』 Profit Engineering (33) ,『利益確保の管理』 Managing for Profit (37,E.シーボルトと共著) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノイッペルの関連キーワードアレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候ブラジル文学おもなお雇い外国人日本鉄道ウォーナーオイレンブルククルーガー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android