コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウス ノウスKnowth

1件 の用語解説(ノウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノウス(Knowth)

アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートルボイン渓谷にある紀元前3000年頃に築かれた石室墓の一。東西から中央の墓室に向けて通路が伸び、外壁の石には渦巻き模様が刻まれている。ニューグレンジドウスの石室墓とともに、1993年に「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産文化遺産)に登録された。ナウス。→ブルーナボーニャ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノウスの関連情報