コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウス Knowth

デジタル大辞泉の解説

ノウス(Knowth)

アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートル、ボイン渓谷にある紀元前3000年頃に築かれた石室墓の一。東西から中央の墓室に向けて通路が伸び、外壁の石には渦巻き模様が刻まれている。ニューグレンジドウスの石室墓とともに、1993年に「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。ナウス。→ブルーナボーニャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ノウスの関連キーワードマリノフスキー(Bronislaw Kasper Malinowski)ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群ブルーナボインビジターセンターオオヒナノウスツボジョセフ ウルプボイン文化遺跡群T. パーソンズがんの名の由来アッテンボローデンマーク文学ヒナノウスツボゴマノハグサユダヤ演劇マダラガ大手忍ナバン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android