ノシメマダラメイガ

世界大百科事典 第2版「ノシメマダラメイガ」の解説

ノシメマダラメイガ【Indian meal moth】

鱗翅目メイ科の昆虫。前翅の開張1.1~1.8cm。翅はきわめて細長く,前翅の基部に近い半分は淡黄色,外半は紫赤色,後翅は白色,半透明。幼虫は貯蔵穀物や乾燥食品の大害虫で,米,クルミ,豆類,乾果,菓子などを食害する。発生周期はきわめて不規則で,冬季を除き年中から成虫までが見られる。ふつう年4回の発生で,幼虫態で越冬する。卵は加害物の上に点々と産みつけられる。産卵数は200くらい。幼虫はを吐き,米粒などをつづってその中に入って食害する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android