コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノハナショウブ

百科事典マイペディアの解説

ノハナショウブ

ハナショウブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノハナショウブ
のはなしょうぶ / 野花菖蒲
[学]Iris ensata Thunb. var. spontanea (Maxim.) Nakai

アヤメ科の多年草。ヤマショウブともいう。根茎は堅く、枯れた葉の繊維に覆われる。葉は剣状で長さ30~60センチメートル、幅0.5~1.2センチメートル、中央脈が目だつ。6~7月、高さ40~80センチメートルの花茎を出し、径約10センチメートルの赤紫色花を数個開く。外花被片(がいかひへん)は楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル、中央脈に沿って中央から下に黄色の斑(ふ)がある。内花被片は狭長楕円形、長さ約4センチメートルで、直立する。山地の草原や湿地に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国東北部、シベリア東部に分布する。三重県多喜(たき)郡明和(めいわ)町の自生地は国の天然記念物に指定されている。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノハナショウブの言及

【アヤメ】より

…イギリスでは1920年ごろハナショウブと混同されていた。カキツバタは外花被片の中央に1本の白線が目だち,アヤメは網目模様があり,ノハナショウブは黄色の線が見られるので区別できる。茎は長さ50~70cmで分枝せず,葉は淡緑色で幅広い線形剣状で長さ40~80cm,幅2~3cmで中肋は隆起しない。…

【ハナショウブ(花菖蒲)】より

…庭園の湿地や池辺,鉢植え,切花に用いられ,また花菖蒲園として広く植栽されている。江戸時代にノハナショウブより改良され,その豊かな花色と大輪の花は欧米でもよく知られている。野生種のノハナショウブvar.spontanea (Makino) Nakaiは東シベリア,中国東北部,朝鮮,日本全域に自生し,山地や野原の湿地に見られる。…

※「ノハナショウブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ノハナショウブの関連キーワードカキツバタ(燕子花∥杜若)ノハナショウブ(野花菖蒲)三重県多気郡明和町斎宮ハナショウブ(花菖蒲)新潟県西蒲原郡弥彦村石川県金沢市東御影町鹿児島県姶良郡湧水町キショウブ(黄菖蒲)三重県多気郡明和町ショウブ(菖蒲)杜若・燕子花愛知県愛西市吉川(市)三重[県]河津[町]峰[温泉]菖蒲・渓蓀堀切菖蒲園カキツバタネジアヤメ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノハナショウブの関連情報