コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノバ・フータ ノバフータ

百科事典マイペディアの解説

ノバ・フータ

ポーランド南部,クラクフの東方8km,ビスワ川河岸近くの工業地区。1949年ポーランド最大の金属コンビナート,労働者の住宅などが計画的に建設された。現在はクラクフの拡大により,その市域内に含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のノバ・フータの言及

【マウォポルスカ】より

…第2次大戦後,政府は後進地域の工業化政策を積極的に進めてきた。とくにウクライナ共和国南部と上シロンスク工業地帯を結ぶ産業動脈と,各種の地下資源の開発が進むとともに,クラクフ郊外ノバ・フータのレーニン製鉄所の建設など大規模な工業開発が進展し,著しく工業化した。 9世紀にはすでに小領主が存在し,9~10世紀には大モラビア帝国やボヘミア公国の一部となった。…

※「ノバ・フータ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノバ・フータの関連キーワード近畿日本鉄道世界クロスカントリー選手権有珠山サッカラ中央本線山陰本線地球内部構造海底長期連続観測網最古の神像東京オリンピック2016

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android