コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輯安 しゅうあんJí ān

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうあん【輯安 Jí ān】

中国吉林省集安県に属し,鴨緑江中流域右岸の,長さ十数kmほどにわたって細長く延びる沖積平野にあたる。集安県庁の所在地は,以前は通溝,現在は集安とか,その一部を洞溝と呼ぶ。 この地は,新石器時代から青銅器時代を経て,中国戦国時代の遺物まで出土するが,特に高句麗中期以後の遺跡や遺物が多数認められる。この地は,また高句麗の中期,長寿王15年(427)の平壌遷都までの,首都の所在地として知られる。現存する輯安県城は,20世紀の初めに大きく改築されているが,高句麗中期の国内城あるいは丸都城を継承したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輯安
しゅうあん

チーアン(集安)市」のページをご覧ください。

輯安
しゅうあん

通溝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輯安の関連キーワードチーアン(集安)市杉村 勇造広開土王碑輯安遺跡広開土王四神文毌丘倹大王陵方墳満浦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android