ノブゴロド州(読み)ノブゴロド(英語表記)Novgorod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノブゴロド〔州〕
ノブゴロド
Novgorod

ロシア北西部の州。州都ノブゴロド。東部にあるバルダイ丘陵を除いて大部分が平地から成り,湿地帯が多く,西部にイリメン湖がある。1月の平均気温-10~-7℃,7月は 16~17℃。年降水量 600~650mm。森林地帯に入り,約 60%が森林である。泥炭耐火煉瓦用粘土などの地下資源がある。畜産を中心に,穀物 (ライムギカラスムギ) ,アマ (亜麻) ,ジャガイモの栽培などを行う。機械 (メリヤス製造用機械,コンデンサ) ,化学 (肥料) ,耐火煉瓦,製材,製紙,食品などの工業がある。州内をモスクワサンクトペテルブルグを結ぶ鉄道,ハイウェーが通り,イリメン湖やロバチ川その他の河川が水運に利用される。面積5万 5300km2。人口 75万 4600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android