ノブゴロド州(読み)ノブゴロド(英語表記)Novgorod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノブゴロド〔州〕
ノブゴロド
Novgorod

ロシア北西部の州。州都ノブゴロド。東部にあるバルダイ丘陵を除いて大部分が平地から成り,湿地帯が多く,西部にイリメン湖がある。1月の平均気温-10~-7℃,7月は 16~17℃。年降水量 600~650mm。森林地帯に入り,約 60%が森林である。泥炭耐火煉瓦用粘土などの地下資源がある。畜産を中心に,穀物 (ライムギカラスムギ) ,アマ (亜麻) ,ジャガイモの栽培などを行う。機械 (メリヤス製造用機械,コンデンサ) ,化学 (肥料) ,耐火煉瓦,製材,製紙,食品などの工業がある。州内をモスクワサンクトペテルブルグを結ぶ鉄道,ハイウェーが通り,イリメン湖やロバチ川その他の河川が水運に利用される。面積5万 5300km2。人口 75万 4600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android