コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜麻 アマ

3件 の用語解説(亜麻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐ま【亜麻】

アマ科の一年草。高さ約1メートル。葉は小さく、線形で互生する。夏、青紫色または白色の5弁花を開く。果実は丸く、中に長楕円形で平たい黄褐色の種子がある。種子から亜麻仁油(あまにゆ)を絞り、茎から繊維をとる。中央アジアの原産で、各地で栽培。ぬめごま。 花=夏 実=秋》「―の花日ざし洽(あまね)くつゆ涵(ひた)す/汀花」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亜麻

中央アジアなどが原産で、アマ科の1年草。日本では江戸初期に亜麻仁油をとるため栽培が始まった。明治時代、繊維をとるため北海道に導入。テントロープ、軍服など軍需のため、日清、日露戦争をはじめ第1次、第2次世界大戦とも増反された。ビートとともに2大工芸作物で、繊維工場も85カ所を数えた。しかし、戦後は軍需が激減、低コスト化学繊維の台頭などから減り続けた。1967年、繊維工場との契約栽培が終わり、栽培されなくなった。

(2016-10-10 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あま【亜麻】

アマ科の一年草。中央アジア原産。高さ約1メートル。夏、白または紫青色の五弁花が咲き、黒褐色の種子がなる。茎から繊維をとり、種子を亜麻仁あまにんといい、亜麻仁油をしぼる。北海道・東北地方で栽培される。ヌメゴマ。 → 亜麻糸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜麻の関連キーワード犬稗胡麻風蝶草不断草松菜山芹糠黍松葉人参

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亜麻の関連情報