ノリナ(読み)のりな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリナ
のりな
[学]Nolina

リュウゼツラン科ノリナ属の総称。常緑低木でアメリカ南西部、メキシコに約25種分布する。日本では、トックリランがまれに栽培される程度である。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノリナの言及

【トックリラン(徳利蘭)】より

…形がめずらしいので観賞用に供され,地植えや鉢植えとされる。属名のカタカナ読みでノリナともいわれる。原産地はメキシコ南部からベネズエラ。…

※「ノリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android