ノリナ(読み)のりな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリナ
のりな
[学]Nolina

リュウゼツラン科ノリナ属の総称。常緑低木でアメリカ南西部、メキシコに約25種分布する。日本では、トックリランがまれに栽培される程度である。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノリナの言及

【トックリラン(徳利蘭)】より

…形がめずらしいので観賞用に供され,地植えや鉢植えとされる。属名のカタカナ読みでノリナともいわれる。原産地はメキシコ南部からベネズエラ。…

※「ノリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android