ノルド諸語(読み)ノルドしょご(英語表記)Nordic languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ノルド諸語」の解説

ノルド諸語
ノルドしょご
Nordic languages

スカンジナビア諸語ともいい,スカンジナビア諸国で話されるインド=ヨーロッパ語族系の諸言語。デンマーク語スウェーデン語ノルウェー語アイスランド語フェロー語の5つ。すべてゲルマン語派に属し,互いに近い関係にあることから北ゲルマン語群として一括される。特徴は後置定冠詞 (スウェーデン語 bok-en=the book) と-s受動態 (スウェーデン語 älska愛する→älskas愛される) である。最も古い形は3~8世紀の古いルーン文字碑文にみられ,これらのなかには再構されるノルド祖語の形に近いものもある。バイキング時代 (750~1050) にはまだかなり均一の言語状態にあったとみられるが,その頃から東ノルド語群 (デンマーク語,スウェーデン語) と西ノルド語群 (ノルウェー語,アイスランド語,フェロー語) に分裂しはじめ,古期ノルド語時代 (1150~1350) にはすでに上の5言語の分化が終っていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android