ノードホフ(読み)のーどほふ(英語表記)Charles Bernard Nordhoff

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノードホフ
のーどほふ
Charles Bernard Nordhoff
(1887―1947)

アメリカの小説家。ロンドンに生まれる。第一次世界大戦従軍中に知り合ったアメリカの小説家、ジェームズ・ホールJames Norman Hall(1887―1951)とともにタヒチ島に移住して、2人で合作の小説を発表した。その代表作に、18世紀の末、タヒチ島の近くで起こったイギリス軍艦バウンティ号の暴動事件を主題とした三部作『バウンティ号の反乱』(1932)、『海と戦う人々』(1934)、『ピットケアン島』(1934)、および南太平洋を背景にした『ハリケーン』(1936)などがある。彼独特の作品としては初期の海洋冒険小説が数冊ある。[秋山 健]
『白石佑光訳『バウンティ号の反乱』(新潮文庫) ▽由良君美訳『戦艦バウンティ号の反乱』(角川文庫) ▽高柳春之助・麻上俊夫訳『ピットケアン島』(1950・岡倉書房) ▽大久保康雄訳『ハリケーン』(1953・三笠書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android