コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヒチ島 タヒチとうTahiti

翻訳|Tahiti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヒチ島
タヒチとう
Tahiti

南太平洋,フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島の主島。南緯 17°40′,西経 149°22′に位置する。行政中心地はパペーテ。2つの火山島が地峡部で接続する8字形の島で,最高点オロヘナ山は標高 2235m。 1767年に S.ウォリス,68年 L.ブーゲンビル,69年 J.クック,88年 W.ブライが来航。 97年以降のキリスト教伝道者の後援でポマレ王朝が成立したが,1842年にフランス軍が占領,80年に植民地とした。住民はポリネシア系で,フランス人,中国人との混血も多い。熱帯性の農産物とその加工品を産する。ウマ,ウシ,ブタの飼育も盛ん。高温多雨だが,海風により過しやすく,美しい風景は観光客を集める。ロサンゼルスとシドニーを結ぶ大型船が寄港し,国際空港がある。 E.H.P.ゴーガンの絵で知られる。面積 1042km2。人口 13万 1309 (1988) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タヒチ‐とう〔‐タウ〕【タヒチ島】

Tahiti》南太平洋、フランス領ポリネシアの主島。ソシエテ諸島にある火山島で、面積約1040平方キロメートル。中心都市はパペーテ。住民はポリネシア系で、19世紀以来フランス領。観光地ゴーギャンが多くの絵画を描いた所としても知られる。コプラ・サトウキビ・真珠などを産出

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヒチ島
たひちとう
Tahiti

南太平洋、フランス領ポリネシア、ソシエテ諸島の主島。フランス領ポリネシアの首都パペーテが、島の北西岸にある。大小二つの火山島がタラバオ地峡でつながったもので、北西側の大きいほうをタヒチ・ヌイTahiti-Nuiといい、その中央のオロヘナOrohena山は標高2241メートル。南東側の小さいほうはタヒチ・イツTahiti-Ituとよばれ、標高1332メートルのロニウRoniu山を有する。両火山島を連ねると、長径75キロメートル、幅はタヒチ・ヌイで35キロメートル、タヒチ・イツで20キロメートル。面積1042平方キロメートル、人口15万0707(1996)。
 島名はもとオタヘイティOtaheiteといったが、1767年、イギリスの海軍軍人ウォリスが軍艦ドルフィン号で来航したとき、国王の名で領有を宣言し、キング・ジョージ3世King George島と命名した。ついでフランスの航海者ブーゲンビルが自分の生まれ故郷であるギリシアのキテラCythera(現代ギリシア語ではKthira)島に似ているとして、ヌーベル(新)・キュテールNouvelle Cythere島と名づけたこともある。イギリス軍艦バウンティ号が1788年来航、島の北岸マタバイ湾に5か月停泊、翌年出航後トンガ付近で反乱事件が起きた。1797年にはロンドン宣教協会の南海伝道がタヒチ島を最初の目標とした。タヒチの首長(しゅちょう)ポマレを助けて白人を加えて成立した王朝では、1815年ポマレ2世がキリスト教に改宗、以後太平洋各地にキリスト教が広がる契機となった。タヒチ島自体は1839年に来島したフランスのカトリック宣教をも受け入れ、イギリスが国事に忙殺されてポマレ4世女王のたび重なる要請に応じない間に、1841年にはフランスが領事を置いて以後の支配の基盤をつくった。
 住民の人口比率は、先住のポリネシア人77%に対し、ヨーロッパ人14%、アジア人9%であり、気候・風土が温和のためヨーロッパ人には住みやすい「南海の楽園」である。ゴーギャンがここで多くの絵画を描いたほか、文人・画家の来住も多かった。島の南岸のパペアリにはゴーギャン博物館があり、西岸のプナアウイアには歴史・民俗資料を収蔵するタヒチ博物館がある。コプラ、サトウキビ、果実、真珠を産出する。観光客の来島も多い。
 パペーテ郊外のファアア空港には、パリをはじめオーストラリアのシドニー、ニュージーランドのオークランド、東京などから国際便が着く。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タヒチ島の関連キーワードタヒチ・モーレア国際マラソントゥアモトゥ[諸島]アラフラフのマラエバウンティ号の反乱ファアア国際空港オーストラル諸島バイパヒガーデンソシエテ[諸島]ピトケアン[島]ポマレ五世の墓タヒチ国際空港ハワイ標準時バイヒリア湖バウンティ号月と六ペンスタヒチイティファカラバ島マタイバ環礁マウピティ島ピトケアン島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タヒチ島の関連情報