コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノールカップ[岬] ノールカップ

百科事典マイペディアの解説

ノールカップ[岬]【ノールカップ】

ノルウェー北端,マーゲル島北部北緯71°10′21″にあり,一般にヨーロッパの最北点とされる。5月半ばから7月末まで白夜が続く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノールカップ[岬]【Nordkapp】

ノルウェー本土の北端マーゲル島Magerøyaの北東にある岬で,北緯71゜10′21″。島は平らな隆起海岸段丘面で,海岸は高さ307mの断崖をなす。夏,真夜中の太陽を見に来る観光客でにぎわうが,霧の日が多い。白夜は5月14日から7月30日まで。南のポルサンゲル半島からこの島の南東ホニングスボーグへフェリーがあり,後者には小空港もあって,西岸連絡船も毎日寄港する。北の沖はタラ,キャペリン(カラフトシシャモ)の好漁場で,日本に輸出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android