ノールカップ[岬](読み)ノールカップ

百科事典マイペディアの解説

ノールカップ[岬]【ノールカップ】

ノルウェー北端,マーゲル島北部北緯71°10′21″にあり,一般にヨーロッパの最北点とされる。5月半ばから7月末まで白夜が続く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノールカップ[岬]【Nordkapp】

ノルウェー本土の北端マーゲル島Magerøyaの北東にあるで,北緯71゜10′21″。島は平らな隆起海岸段丘面で,海岸は高さ307mの断崖をなす。夏,真夜中の太陽を見に来る観光客でにぎわうが,の日が多い。白夜は5月14日から7月30日まで。南のポルサンゲル半島からこの島の南東ホニングスボーグへフェリーがあり,後者には小空港もあって,西岸連絡船も毎日寄港する。北の沖はタラ,キャペリン(カラフトシシャモ)の好漁場で,日本に輸出される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android