ハイデラバード王国(読み)ハイデラバードおうこく(英語表記)Hyderābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイデラバード王国
ハイデラバードおうこく
Hyderābād

インド,デカン高原南部のハイデラバードを都としたムスリム王国 (1724~1948) 。 1724年ムガル帝国の武将ニザームル・ムルクがムガル帝国から独立してハイデラバードを都として王朝を創始した。それ以後,この王朝の歴代の王はニザームの号を称し,王朝がニザームの名で呼ばれることもあった。 18世紀を通じてデカン地方と南インドでは,マラータ勢力,ハイデラバード王国,マイソール王国の間に三つ巴の戦争が続き,それにイギリス,フランスが介入して戦いのやむ間もない状態であった。ハイデラバード王国は 66年イギリス東インド会社と攻守同盟を結び,いわゆるマイソール戦争 (マイソール王国とイギリスとの間の戦争) にはイギリス側に立った。 19世紀になって,マラータやマイソールはイギリスによって滅ぼされたが,ハイデラバードは藩王国として存続することを許され,インドで最大のムスリム藩王国であった。 1947年インド・パキスタンの分離独立の際には,ムスリム王朝としてのハイデラバードの去就が注目されたが,48年9月インドが武力で占領した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android