コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去就 キョシュウ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐しゅう〔‐シウ〕【去就】

背き離れることと、つき従うこと。
どう身を処するかの態度。進退。「今後の身の去就に迷う」「去就を決する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょしゅう【去就】

去ることと留とどまること。
事に際してとる態度。進退。 「首相の-が注目される」 「 -を決しかねる」 「 -に迷う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

去就の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸富田高慶(とみたたかよし)最上義光(もがみよしあき)タチヤナ ミトコワハイデラバード王国宇漢迷宇屈波宇関ヶ原の戦い松長長三郎会沢正志斎迷う・紕う新潟(市)小山持政阿知使主小山朝郷小山秀綱楠木正儀注目の的三雲種方吉川興経上野国

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

去就の関連情報