ハイドレーションシステム(読み)はいどれーしょんしすてむ(英語表記)hydration system

知恵蔵の解説

ハイドレーションシステム

アウトドアでの行動中、ザックなどから水筒やペットボトルを出さずに水分補給ができるようにするシステム。ウオーターパックに吸い口が付いたチューブを装着し、専用のパッキングキャリアやザックにウオーターパックを入れ、チューブのみを外に出しザックのショルダーベルトなどに固定しておく。吸い口はかんだときのみ、水が出るようになっているので、必要に応じて水分補給ができる。元々は、トレール・ランニングやサイクリング、レースなどで、競技中に水分補給できるように考案されたものだが、現在は一般的な登山やトレッキングなどにも利用されている。特に、炎天下での行動では、歩きながらのこまめな水分補給ができるため、熱中症や脱水症の防止などに効果がある。また、ウオーターパックは水を入れないときは平らに折りたたむこともでき、これまでの水筒に比べかさ張らないので、水筒代わりに使用する人も増えている。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android