コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドン四重奏曲

1件 の用語解説(ハイドン四重奏曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ハイドン四重奏曲

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルト弦楽四重奏曲第14-19番(1782-85)を指す。原題《Haydn Quartette》。『ハイドンセット』とも呼ばれる。名称は作曲家ヨーゼフ・ハイドンに献呈されたことに由来する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイドン四重奏曲の関連キーワードジュピター戴冠式アヴェ・ヴェルム・コルプス音楽の戯れジュノムハイドンセットハフナーモーツァルテウム管弦楽団リュツォウロドロン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone