ハイブリッドロケット

百科事典マイペディアの解説

ハイブリッドロケット

推進剤に固体と液体を組み合わせたロケット。たとえば燃焼制御のむずかしい固体燃料に液体酸化剤を組み合わせ,酸化剤の流量調節で制御を可能にする。実用例は少ない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のハイブリッドロケットの言及

【ロケット】より

…以下では化学ロケットの代表として固体ロケット,液体ロケットについてやや立ち入った説明を加える。なお,酸化剤か燃料のいずれかを固体とし,他方を液体とするハイブリッドロケットも飛翔実績はあるが,実用例は乏しい。
[ノズルの働き]
 各論を述べる前に,化学ロケットにおいて重要な役割を果たすノズルで,どのように推力が発生するかを見てみよう。…

※「ハイブリッドロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイブリッドロケットの関連情報