コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 そう lakṣaṇa

15件 の用語解説(相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


そう
lakṣaṇa

仏教用語。特徴,特質,様相,形相という意味。仏教では,体 (本体) ,用 (作用) ,相の3語が組みになって用いられるが,この場合の相は,見られるものの姿を意味する。 (→体・相・用 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


そう
phase

境界面で空間的に区別された均質な部分を相と呼ぶ。たとえば容器中に液体の部分とその蒸気の部分が共存している場合,それらを液相,気相と呼ぶ。同じ物質の固相でも結晶構造が異なれば,ほかの相とみなされるので,いくつかの相が存在しうる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


そう

「アスペクト態」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あい〔あひ〕【相】

《「合い」と同語源》
[名]
二人で互いに槌(つち)を打ち合わすこと。あいづち。〈和名抄
共謀の仲間。ぐる。
「むむ、さては―ぢゃの」〈浄・女楠〉
相手をすること。また、相手。
「―には愚僧が行かいでたまるものか」〈伎・韓人漢文〉
[接頭]
名詞・動詞に付く。
㋐一緒に、ともに、の意を表す。「弟子」「伴う」
㋑互いに、の意を表す。「四つ」「憐れむ」
動詞に付いて、語勢や語調を整える。現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。「成る」「変わらず」

しょう〔シヤウ〕【相】

君主を助けて政治を行う職。宰相。大臣。

しょう【相/荘/装】[漢字項目]

〈相〉⇒そう
〈荘〉⇒そう
〈装〉⇒そう

そう〔サウ〕【相】

そのものの内面などを表す姿・形・ありさま。「憤怒の
人や物の外面に現れた運勢・吉凶のきざし。人相手相家相など。「水難の
文法で、動詞によって表される動作・作用の性質・あり方とその表現のしかたに関する範疇(はんちゅう)。受身可能自発使役、また、自動他動敬譲など。態。
ある物質の、どの部分をとってもその物理的、化学的性質が等しく、他と区別される領域。気体液体固体それぞれからなる相を気相・液相・固相という。

そう【相】[漢字項目]

[音]ソウ(サウ)(呉) ショウ(シャウ)(漢) [訓]あい
学習漢字]3年
〈ソウ〉
物の姿・ようす。「相貌(そうぼう)形相(ぎょうそう)血相死相色相実相諸相真相瑞相(ずいそう)世相人相皮相貧相滅相面相様相
物のありさまを見てその実相を判断する。「相術相場(そうば)相馬相法
たがいに。「相違相関相互相思相似相談相当
一方から他方へ。次から次と。「相承相続相伝
相模(さがみ)国。「相州武相
〈ショウ〉
君主を助ける大臣。「外相宰相首相丞相(じょうしょう)名相
そばに付き添う。「相伴
〈あい〉「相性(あいしょう)相手相宿入相(いりあい)
[名のり]あう・さ・すけ・たすく・とも・はる・み・みる
[難読]相模(さがみ)相撲(すもう)相応(ふさわ)しい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

明確な物理的境界によって他と区別される物質系の均一な部分.その物質系自体の内部は物理的に均質で,その系の中の他の均質であるが異なる部分とは境されて機械的に分離可能なものをいう.固体,液体,気体などの状態とは関係なく,一つの相では,それ自身の内部では均一であり,しかも他の部分とは物理的に異なった領域のものである[Wahlstrom : 1950,片山ほか : 1879,長倉ほか : 1998].一つの均質な部分とは同じ組成であればその個数には関係なく,何個あっても同じ相である.

地質学では分野によって様々な使い方がある.堆積物では,形成を制御する条件の基準として考えられる岩石学的および古生物学的な性質を意味する.単一の火成岩岩体の変化の場合には,通常の岩体からの組織または組成の違いを表す際に用いる.変成岩では変成相に使用される[Gressly : 1838, Dunbar & Rodgers : 1957].ラテン語faciesは形,型,種類などの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そう【相】

動詞の文法的カテゴリーの一つで,動詞のあらわす行為・過程をどのようにとらえるかの違いにかかわる範疇分け,およびその区別に基づく語形上の交替を相(アスペクトaspect)の違いという。そこで,ある行為や過程を全体として一つの点的なまとまりとしてとらえるか,あるいはその内的な展開の種々相のいずれかに着目するかといった違いによって,完了相,瞬間相,進行相,継続相,習慣相,起動相(動作や過程の開始を示す),終結相などが区別される。

そう【相 phase】

明確な境界によって他の部分と物理的に区別できる物質系の均質な部分を相といい,その部分が,気体,液体,固体であるのに対応して,それぞれ気相,液相,固相と呼ばれる。二つ以上の気相が共存することはなく,また純粋な物質ではヘリウムを除いては二つの液相が共存することはない。固相の場合は純粋な物質でも結晶構造などが異なるいくつかの相があることもあり,これらが共存する場合も多い。このようなときには異なる相にあるといい,また,熱力学的性質,電場や磁場などの外場に対する応答の仕方などが定性的に異なる場合も相が異なるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あい【相】

〔「あい(合)」と同源〕
( 接頭 )
名詞に付いて、「同じ」、また、「対応する」という意を表す。 「 -弟子」 「 -部屋」 「 -手」 「 -方」
動詞に付いて、互いに、ともに、の意を表す。 「 -対する」 「 -語らう」
動詞に付いて、語調を整え、また意味を強める。 「婚儀が-調いました」 「この結末はいかが-成るか」
( 名 )
二人が互いに槌つちで物を打つこと。あいづち。 〔和名抄〕
仲間。同類。ぐる。 「むむ、扨は-ぢやの/浄瑠璃・吉野都女楠」

しょう【相】

君主をたすけて政治を行う職。大臣。宰相さいしよう。 「此の道に明らかならば-とするにたへたり/正統記 嵯峨

そう【相】

外に現れた姿・形・ありさま。外見。 「悪鬼の-で襲いかかる」
吉凶などの現れた、姿・形・ありさま。 「女難の-がある」
動詞の表す動作を、その動作が時とともに展開してゆく過程においてとらえたときのさまざまなあり方、およびそれを表現する組織的な文法形式。「書いている」は動作が継続していることを、「書いてしまう」は動作が完了していることを表すなど、動詞と「ている」「てしまう」「てある」などとが結合した形式によって表される。アスペクト。態。
」に同じ。
様子・ありさまを表す語の総称。形容詞・形容動詞・副詞の類。相言。
〘物〙 〔phase〕 物質系の中で、状態が均一でかつ明確な境界をもち、他と区別される領域。気体・液体・固体の相をそれぞれ気相・液相・固相という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【態】より

…また〈しまる〉―〈しめる〉にみられる自動と他動の対立も,態における対立ということができる。 なお,〈態〉のかわりに〈相〉という用語が用いられることもある。【柘植 洋一】。…

【日本語】より


[文法――形態面]
 日本語では名詞の後に種々の助詞を用いて動詞との関係が示される。例えば〈先生が生徒に日本語を教える〉においては,助詞〈が〉は主格で動詞〈教える〉の動作主を,助詞〈に〉は与格で〈教える〉相手を,助詞〈を〉は対格で〈教える〉内容を表している。また,例えば〈たべ・させ・られ・た〉では,動詞語幹〈たべ〉に使役〈させ〉,受身〈られ〉,完了〈た〉の語尾が次々と接合されている。…

【ロシア語】より

…ただし,語頭と語末以外の位置で4音素の区別を保つ(すなわち,/i/と/e/の区別を保つ)体系も標準的とされている(つまり,лиcá(キツネ)とлecá(森林――複数形)を音韻論的に同一としても,しなくてもよい)。 なお,正書法上のи[i]とы[ɨ]の区別は音声上の相違としては存在するが,まったく相補的な分布を示すので同一音素(/í/ないし/i/)と解釈される。また,/ú/,/u/,/ó/の音声的実現はすべて強い円唇性を特徴とすることに注意しなければならない。…

【位相】より

位相空間【中岡 稔】(2)物理学用語。フェーズphaseともいう。振動,波動あるいは交流の電流・電圧などの周期的な現象が,一周期の中のどの状態にあるかを示す量。…

【オーディオ】より

…最近は規格値より立上り時間の速い計器も使用されている。 フェーズphase位相のことであるが,オーディオ機器ではステレオチャンネルの極性を合わせるために,片方のチャンネルの信号の位相を反転させるキーやスイッチにこの名を付している。 変調雑音modulation noise信号に付随して発生する雑音で,テープ録音のときにテープ磁性層のむらやヘッドとテープの接触状態の変動などが原因で振幅変調性の雑音が生じ,テープ走行方向にテープが微振動するために周波数変調性の雑音が発生する。…

【相転移】より

…物質が化学的,物理的に一様であるとき,その均質な部分を相と呼ぶが,一般に物質は,例えば水(液相)が氷(固相)になったり水蒸気(気相)になったりするように,温度や圧力などによって異なる相をとる。このように,物質がある相から異なる相に移ることを相転移,または相変化という。…

※「相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相の関連キーワード合川合い・合同源・同原同源アロリス同源包裹物同源包有物同源捕獲岩同源捕虜岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相の関連情報