推進剤(読み)すいしんざい(英語表記)propellant

翻訳|propellant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「推進剤」の解説

推進剤
すいしんざい
propellant

推進薬ともいう。通常,化学ロケット用の燃料を意味する。固体推進剤および液体推進剤の2種があり,いずれも酸化剤と燃焼剤より成る。これらの燃焼反応で生成される高温高圧ガスを噴出して推力を得るので,発熱量が大きく,比推力が高く,燃焼性のよいことなどが必要な条件である。液体推進剤のほうが,固体推進剤よりも比推力が大きいうえ,燃焼制御がしやすいことなどのために広く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「推進剤」の解説

すいしん‐ざい【推進剤】

〘名〙 ロケットなどを推進させるのに用いる薬剤、あるいは燃料。固体推進剤、液体推進剤などがある。液体酸素や過酸化水素を酸化剤としてヒドラジン、液体水素ダブルベース火薬などが用いられる。推進薬。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android