コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推進剤 すいしんざいpropellant

翻訳|propellant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推進剤
すいしんざい
propellant

推進薬ともいう。通常,化学ロケット用の燃料を意味する。固体推進剤および液体推進剤の2種があり,いずれも酸化剤燃焼剤より成る。これらの燃焼反応で生成される高温高圧ガスを噴出して推力を得るので,発熱量が大きく,比推力が高く,燃焼性のよいことなどが必要な条件である。液体推進剤のほうが,固体推進剤よりも比推力が大きいうえ,燃焼制御がしやすいことなどのために広く利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいしんざい【推進剤】

ロケットを推進するための燃料と酸化剤。固体のものと液体のものがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

推進剤の関連キーワードサイドワインダー(軍事)ボストーク・ロケットフリーラジカル推進剤ハイブリッドロケットコンポジット推進薬ダブルベース推進剤ダブルベース推進薬コンポジット推進剤プラズマエンジンニトログリセリンダブルベース火薬ロケットエンジンニトロセルロース液体燃料ロケット離陸補助ロケット固体燃料ロケットロケット(工学)ロケット推進剤ロケット方程式多段ロケット

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推進剤の関連情報