比推力(読み)ひすいりょく(英語表記)specific impulse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比推力
ひすいりょく
specific impulse

ロケット推進剤の性能を示す目安となる値。推進剤 1kgが1秒間に消費されるときに発生する推力で,単位は秒で表わす。推進剤消費量 specific propellant consumptionの逆数にあたる。比推力の値が大きいほど,推進剤の性能がよいことになる。アポロ宇宙船を打上げたサターンV型ロケットの第1段の液体酸素・ケロシンで 270秒ぐらい,同第2,3段の液体酸素・液体水素で 350秒ぐらい,また液体フッ素・液体水素では 365秒ぐらいといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐すいりょく【比推力】

ロケット燃料などの推進剤の性能を表す指標。単位重量の推進剤を使って得られる推力力積、すなわち1キログラムの推進剤を使い、1キログラム重の推力を出し続ける秒数で表される。固体ロケットの場合は300秒、液体ロケットの場合は500秒程度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

比推力【ひすいりょく】

ロケット推進材などの性能を示す数値。単位時間に消費する推進材の重量で推力を割ったもので,単位は秒。たとえば比推力200秒なら,この推進材1kgfを1秒で燃やしたとき得られる推力が200kgfであることを表す。
→関連項目イオンロケット光子ロケットフリーラジカル推進剤ロケット(工学)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひすいりょく【比推力 specific impulse】

ロケット推進などの性能指標の一つ。推力を単位時間に消費する推進材の重量(質量×地表における重力加速度)で除した量。推力をN,質量をkg,重力加速度を9.81m/s2の単位で表すので,比推力はsの単位をもつ。これは1kgの推薬で9.8Nの推力を持続しうる秒時とも解釈される。化学ロケットではロケットエンジンの設計や使用環境による若干の差異はあるものの,推薬の種類を定めればほぼ定数とみなせる。ロケット【秋葉 鐐二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の比推力の言及

【火薬】より

…発火,爆発の起こる押しつけ力で摩擦感度を表す。 発射薬やロケット推進薬の性能としては,比推力,燃焼速度,燃焼速度と圧力との関係などが重要である。そのほか安全性能がこれに加わる。…

※「比推力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android