ハイブリッド蛋白質(読み)ハイブリッドたんぱくしつ(英語表記)hybrid protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリッド蛋白質
ハイブリッドたんぱくしつ
hybrid protein

蛋白質と蛋白質,あるいは蛋白質とそれ以外の物質,たとえば,合成高分子,生理活性物質,無機物質などを結合させた複合体。蛋白質の機能を変換させたり,新しい機能を付加することが期待でき,広い意味でプロテイン・エンジニアリングに含めることもある。ハイブリッド蛋白質は,生体内で分解されにくく,アレルギー反応を起こしにくいなどの性質があり,薬剤としての利用が考えられている。既に,ポリエチレングリコールで修飾した酵素などが治療薬として実用化されようとしている。このように医学や薬学ばかりでなく,工学,農学など幅広い分野での利用が期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android