コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイボリューム・エアサンプラー high-volume air sampler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイボリューム・エアサンプラー
high-volume air sampler

大気中の粉塵,煤塵の試料採取方法の一つで,ガラス繊維のろ紙をもつフィルタと吸引ポンプ,流量計などから構成される。吸引速度1~2 m3/min で,24時間連続して 2000~3000m3と大量に空気を吸引し,試料をガラス繊維のフィルタに捕集する。そして大気中の粉塵などの濃度が測定され,試料を化学分析して成分が判定される。構造や取扱いが簡単なので浮遊粉塵の標準的な測定器とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android