コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス繊維 ガラスせんい glass fibre

6件 の用語解説(ガラス繊維の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス繊維
ガラスせんい
glass fibre

ガラスを細く引伸ばしてつくった繊維。グラスファイバともいう。古代から壺などの装飾に用いられていたが,工業的には,1893年シカゴ開かれたコロンブス博覧会でオーエンス・リービー・グラス社がガラス棒の一端を熱し,これを引張って回転ドラムに巻きつけて繊維を引いてみせたのが世界におけるガラス繊維の初めである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐せんい〔‐センヰ〕【ガラス繊維】

グラスファイバー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガラス繊維【ガラスせんい】

グラスファイバーとも。溶融ガラスからつくられる繊維で,短繊維と長繊維がある。前者はグラスウールともいわれ,溶融ガラスを高圧空気か蒸気で吹き飛ばして製造,後者は小孔から引き伸ばして巻き取る。
→関連項目ガラス繊維複合材料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガラスせんい【ガラス繊維 glass fiber】

溶融したガラスを糸状にしたもので,グラスファイバーともいう。製品の形態により,長繊維と短繊維あるいはグラスウールglass woolとに分けられる。長繊維は白金るつぼでガラスを溶融し,底に設けた小さい孔(ノズル)からガラスを連続的に引き出したものである。短繊維あるいはグラスウールは,溶融したガラスを遠心力あるいは高圧のガスや蒸気で吹きとばして作られる。ガラスの化学組成で性質も異なるが,一般に通常の板ガラスよりアルカリ分を減じてあるので,耐熱性,耐食性,耐湿性が優れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガラスせんい【ガラス繊維】

ガラスを引き伸ばしてきわめて細くした人造繊維。溶融ガラスを多数の細孔から高速で引いて作る。耐熱性・耐食性・耐湿性が高い。断熱材・防音材・絶縁材・濾過材・光通信用材などに用いるほか、強化プラスチック( FRP )の補強材に使われる。広義には短繊維を綿状にしたガラス-ウールも含む。グラス-ファイバー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラス繊維
がらすせんい
glass fiber

ケイ酸塩を主成分とするガラスを溶融、加工して繊維状にしたもの。グラスファイバーあるいはガラスウールともいう。製法、用途から分類すると、短繊維と長繊維とがある。
 高温のガラスは容易に糸のように伸びるので、古代から工芸的な用途は知られていたが、工業化されたのは第一次世界大戦中、天然石綿の代用品としてドイツで高温断熱用の短繊維が製造されたのが最初である。長繊維は1930年代に、また光学繊維は1960年代に、ともにアメリカで工業化されている。短繊維は製造も簡単でフェルトのようにして断熱材に利用するが、長繊維は引きそろえ、あるいは織物としてFRP(繊維強化プラスチック)、GRC(ガラス繊維強化セメント)、絶縁材などに広い用途がある。光学繊維は数千本から数十万本程度の特殊構造をもったガラス繊維を規則正しく束ねたもので、束の一端から画像を入れると、束の屈曲に沿って他端に伝送される性質があり、ファイバースコープのほか広い用途がある。
 一般のガラス繊維は細いので、比表面積がきわめて大きい。たとえば直径1センチメートルのガラス玉を直径10マイクロメートルのファイバーに伸ばすと長さは約4000メートルにもなり、面積も400倍近く増えるから、湿気に侵されにくい化学組成(Eガラス)が選ばれる。Cガラスは耐酸性で蓄電池の隔壁などに、耐アルカリ繊維はセメント強化用に使われている。FRPは軽く強いので自動車、航空機、船舶、パイプ、容器、電子回路用基板、さらにスキー板から釣り竿(ざお)まで用途が広い。
 光学繊維は繊維の内面の全反射で光が進行することを利用したもので、実際はこれをさらに屈折率の低いガラスで覆っている。
 光通信用のガラス繊維(光ファイバー)は、直径125マイクロメートルのガラス繊維からなり、中心(コア)の直径約10マイクロメートルの部分に屈折率の高いガラスが、その周囲(クラッド)に屈折率が0.3%程度低いガラスが使われている。この屈折率差により、光信号が外部に漏れずに中心部を通過することができる。しかし、約100キロメートル進むと光信号の強度が1%程度に減衰するので、その都度光信号が増幅されて伝送されている。現在、世界中に光のネットワークが構築され、インターネットを通じてあらゆる情報を瞬時に受け取ることができる。
 多数の繊維を配列正しく束ねると、束の屈曲に沿って画像を送ることができるので、ファイバースコープとして胃検査に用いられている。またレンズのかわりにして超小型複写機に、あるいはブラウン管の画像を外部へ導くことでファクシミリなどに使われている。[境野照雄・伊藤節郎]
『作花済夫・伊藤節郎・幸塚広光・肥塚隆保・田部勢津久・平尾一之・由水常雄・和田正道編『ガラスの百科事典』(2007・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガラス繊維の言及

【化学繊維】より

…自動車タイヤコード用の強力レーヨンや,立川正三が発明した虎木綿(とらもめん)はその後ポリノジック・レーヨンと名づけられ生産されている。
[ガラス繊維]
 溶融したガラスを高速で引っ張るか吹き付けて繊維化したもの。不燃・耐熱性に優れ,酸化されないので,熱や電気の絶縁材,ガラス繊維強化プラスチック(FRP)に多く使われる。…

【ガラス工業】より

…ガラス,ガラス製品製造業の出荷額は窯業,土石製造業の約15%を占め,製品形態別に,板ガラス工業,ガラス製品工業,ガラス繊維工業の三つに大別される。
[板ガラス工業]
 大規模な溶融窯で昼夜連続操業を行う典型的な装置産業で,このため欧米各国とも企業数は少なく,日本でも,販売シェア順で旭硝子(あさひガラス),日本板硝子,セントラル硝子(1959進出)の3社寡占状態になっている。…

【石英ガラス】より

…紫外線の透過力を生かした用途,レンズや水銀灯用バルブとしての用途もある。また,不純物濃度を極限まで減少させた石英ガラスは,可視部における光の吸収がほとんどないため,光通信用グラスファイバー(ガラス繊維)として使用されている。石英ガラスは,高温での粘度がきわめて高いために,通常のガラスを製造する方法,すなわち,るつぼあるいはタンク窯中で原料を溶融し成形するという方法をとることができない。…

※「ガラス繊維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガラス繊維の関連キーワード気泡ガラスパート・ド・ベールガラス切りグラスファイバー腰ガラスグラスハーモニカグラスボトムボートグラサン糸寒天魚そうめん

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラス繊維の関連情報