コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろ紙 ろしfilter paper

翻訳|filter paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろ紙
ろし
filter paper

ろ過の目的に適するように作られた紙。化学分析などにおいて多く使われる。軟らかく多孔質で,酸,アルカリ,各種溶媒に強く,無機物質をほとんど含まず,ろ過速度が速い繊維であることが材質に要求される。目的により定性ろ紙定量ろ紙ペーパークロマトグラフィー用ろ紙などに分けられ,形も円形,四角形をはじめ,クロマトグラフィー用の幅 2cm,長さ 40~50cmのものなど多様である。材質はセルロース系のものがほとんどであるが,最近ではガラス繊維で作られたもの,イオン交換基を含むセルロース系ろ紙も市販されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ろ紙の関連キーワードヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙)ハイボリューム・エアサンプラー限外ろ過(限外濾過)ベンジジン酢酸銅試験フィンガープリント法ろ(濾)紙電気泳動ワールブルク検圧計ソクスレー抽出器アルカリろ紙法限外ろ(濾)過リトマス試験紙ペプチドマップワットマン紙化学分析器具ろ紙(濾紙)ろ過(濾過)清澄ろ過器コロイド定量濾紙発芽試験

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろ紙の関連情報