煤塵(読み)ばいじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煤塵
ばいじん

一般には,物の燃焼に伴って発生するすす,灰の類をいう。大気中の粒子状物質の一つ。大気汚染防止法では,煤煙の一種として定義し,排出規制の対象とする。その定義は抽象的で,重油,石炭などの燃料,あるいは廃棄物の燃焼に伴い,また電気を金属溶解のための熱源などとして使用する際に発生する硫黄酸化物,有害物質以外のものとしている。排出基準は,一般排出基準と総量規制指定地域に適用される特別排出基準があるほか,都道府県の条例による上乗せ基準がある。 (→浮遊粒子状物質 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばいじん【煤塵】

工場の煙突の煙や炭坑などの塵埃じんあいの中に含まれるすすなどの微粒子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばい‐じん ‥ヂン【煤塵】

〘名〙 工場の煙突の煙や、石切り場、炭坑などの塵埃の中にふくまれているこまかい粒状のもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android